ハローストレージ 解約金かかる

【要注意】ハローストレージの原状回復で大損!?

ハローストレージ,解約金かかる

 

ハローストレージでは原状回復という制度があるのはご存知ですか?

 

この制度、実は大きな落とし穴があるんです。

 

ハローストレージの原状回復とは?

 

まず、ハローストレージの原状回復を簡単に解説すると、以下のようになります。

 

ハローストレージ,解約金かかる

 

コンテナに大きな傷や損傷を与えてしまった場合に、元の通りに回復するための費用が発生すること。

 

つまり、大きな損害を与えてしまった場合に、自費で回復しなければなりませんよということですね。

 

 

ハローストレージの原状回復の費用は?

 

ハローストレージ,解約金かかる

 

では原状回復の費用はどのくらいかかるのでしょうか?

 

こちらは度合いによって変わってくるので一概には言えませんが、数千円〜数万円かかる場合もあります。

 

 

では、どのくらいの傷が原状回復の対象なのでしょうか?

 

 

ハローストレージの原状回復はどのくらいで適用される?

 

実は、そこまで大きな傷などでなければ原状回復費用はそう簡単には発生しません。

 

具体的には以下のような傷や穴、汚れが対象になります。

 

ハローストレージ,解約金かかる

 

ハローストレージ,解約金かかる

 

通常の使用であればここまで汚くなったり、傷をつけてしまうことはないでしょう。

 

しかし、念のために現状回復が発生しないように対策をしていた方が良いかもしれません。

 

 

ハローストレージの原状回復を適用されないための対処法

 

具体的な対処法をご紹介します。

 

床にシートやマットを敷く

 

ハローストレージ,解約金かかる

 

まず、一番重要なのは傷や汚れの防止です。

 

具体的には、床にシートマットを敷いたりしてカバーすれば原状回復しなければならないような傷はできることはないでしょう。

 

大きめのコンテナを選ぶ

ハローストレージ,解約金かかる

 

バイク置き場などに使う場合は。バイクに対してコンテナが小さいと壁にこすって傷をつける場合があります。

 

そこまで大きな傷にはならないと思いますが、心配であれば用途よりも少し大きめのコンテナを選ぶのも一つの手でしょう。

 

ネットの口コミを見ていても、原状回復を実際に請求されたという人はほぼいません。

 

つまり、普通に使っている分にはそこまで深刻に考える問題ではないということです。

 

一応対策しておくくらいで捉えておくのが良いでしょう。

 

⇒ハローストレージの公式サイトのキャンペーンを詳しくみる